申込み終了

TEL、FAXからでもお申込みできます。
TEL:059-394-2350
FAX:059-394-2440

2015年9月12日

第二回トンボ池復活大作戦!

県民の森のトンボ池は、メダカとトンボを主な保全種とするビオトープとして作られましたが、ウシガエルやアメリカザリガニ、ニシキゴイなどの外来生物が増え、本来の池の住人を圧迫してしまっています。そこで、県民の皆さんと一緒に外来種を捕獲し、メダカやトンボが住みやすい池に戻す「第2回トンボ池復活大作戦!」を開催します。つかまえた生きものの観察会もありますので、身近な希少種や外来種をきっかけとして、生物多様性の大切さを楽しく学んでいただきたいと思います。

※メダカは「三重県レッドデータブック」で準絶滅危惧種として指定されており、ウシガエルは外来生物法で特定外来種に指定されています。

日時:平成27年9月12日(土)9時30分~11時30分
場所:三重県民の森 ふれあいの館集合
受付:9時10分から、ふれあいの館で行います。
講師:榊枝正史さん 植村明也さん
定員:親子15組(先着順:三重県民の森に事前申込みが必要です)
持ち物:水筒、帽子、軍手、タモ網、バケツ等の採集道具、長靴、運動靴など。
池に入りますので、足を守る靴(サンダルや草履はご遠慮ください)
と泥で汚れても良い格好でお越しください。
参加費:無料
申込み:電話、Eメール、またはFAXで、参加者全員の氏名、年齢、住所、
電話番号を添えて、三重県民の森までお申込みください。

※申し込みが定員に達したため、受付を締め切りました。

→チラシはこちら

このイベントは終了しました

ご参加ありがとうございました。次回の開催をお待ち下さい。
メールでのお問い合わせはコチラから